看護師に求められるもの

看護師は医療系の資格の中で代表的なものになります。給料や待遇が安定している点が魅力的ですが、仕事の内容は専門的でハードなものです。
看護師になるときには、自分に適正があるかをチェックしておくことが大事です。事前に看護師に求められるスキルが何なのかを知っておくといいでしょう。専門学校に入る前に適正については検討しておく必要があります。
現場の看護師に求められるスキルは、実は技術的なものではありません。確かに医療知識や、医療技術がなければ仕事ができませんが、それだけができていればいいというわけではないのです。直接患者と接する仕事なので、人間力が問われることとなります。患者とスムーズにコミュニケーションが取れるかどうかで、医療を成功に導くことができるかどうかも変わってきます。患者に嫌われてしまえば、スムーズな医療を提供することができなくなってしまいます。ですから、コミュニケーション能力は重要だと認識しておきましょう。
職場では常に笑顔を絶やさないことも重要です。また、コミュニケーション能力と並んで重要になるのが、注意力です。ちょっとした患者の様子の違いに気が付けないと、現場の看護師としては力不足は否めません。ちょっとした様子の変化が、病状悪化のサインになっていることが多いです。少しの違いでも見分けられるよう、興味を持って患者と接することが大切になります。
これらのことがしっかりとできるようになれば、より良い看護を提供することができ、自分自身の成長にも繋がることでしょう。どうすればいいかわからない、という方は『より良い看護経験にするために』(http://betternursing-experience.com)というサイトを参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です