聞き上手になりましょう

看護業界で働く際には現場に応じたスキルを身につけることが必要になります。医療業界で働く場合にも介護業界で働く場合にも、注射や点滴を行ったりバイタルサインの確認をしたりするような基本を身に付けることが不可欠です。
それに加えて、医療業界であれば診療科ごとに必要になる患者のサポート、介護業界では高齢者を対象としたサポートなどを理解し覚え、実践できるようにならなければなりません。
しかし、それよりも前にまずコミュニケーション能力を身につけることが大切です。なぜなら、現場では患者や高齢者とのコミュニケーションが重要であり、何を望んでいるのかを理解してサポートしていくことがより良い状況を生み出していくからです。
看護師は患者や高齢者にとって身近な存在であるため、その距離をできるだけ近くすることによって、患者のちょっとした変化や異変を察知することができるようになります。コミュニケーションを通して現場での対応改善を行っていくことが現場でより活躍するために必要なことであり、細かな技術を身につけていくよりもコミュニケーション能力を優先することが重要になる理由となっています。
そのときに重要視したいのが良い聞き手になることを心がけることであり、相手の話をうまく引き出せるスキルを身につけると患者や高齢者の満足度が高まるでしょう。それが円滑なコミュニケーションを生むことになるため、聞き手となる姿勢を身につけることを看護師として重要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です